日本学校薬剤師会は、平成24年4月1日から日本薬剤師会学校薬剤師部会となり、それに伴い沖縄県学校薬剤師会も沖縄県薬剤師会学校薬剤師部会となりました。学校薬剤師の活動は、飲料水・プール水の検査、ダニ・ダニアレルゲン検査などの学校環境衛生に加え、学習指導要領の保健体育の中に「くすり教育」という項目が追加されたことで、保健体育教諭、養護教諭と連携を取り、TT(チームティーチング)という形で学校薬剤師も授業に参加しています。
 薬剤師の公益の部分での活動としても学校薬剤師の活動は注目されていますが、残念ながらそのなり手不足が全国的に問題となっています。
 学校薬剤師には特別な資格は必要ありません。学校での活動に興味があることが資格と考えます。
 新任研修会ほか定期的に研修会を実施しておりますので、少しでも学校薬剤師に興味をお持ちいただけましたら、学校薬剤師部会までご連絡下さい。
 
     
  沖縄県学校薬剤師部会 会長 村田 成夫  
   
 
 
  『学校薬剤師って何?!』(Power Point) 
(沖縄県薬剤師会 学校薬剤師部会 笠原大吾先生の講演より)
 
     
 
 
     
   ◎放射線等に関する副読本掲載データが文部科学省のホームページに掲載されています。
    下記の『放射線等に関する副読本』をクリックするとホームページを見ることができます。
 
     ▲ 放射線等に関する副読本  
     
 
 
  新人研修の風景  
     
  講師:笠原先生  
    宮古島にて伝達講習会風景  
     
  防煙教室風景